40代女性は子宮筋腫に要注意!|サインを見極めよう

レディ

妊娠できる体づくり

看護師

不妊で悩んでいる女性はたくさんいますが、鍼灸院で鍼治療を受けて赤ちゃんを授かる方も数多くいます。赤ちゃんを授かるためには、体質を改善することが大切なのです。定期的に治療を受けるようにしてみましょう。

Read More..

栄養を吸収しよう

女性

アクティブライフが発売している栄養補助食品は、赤ちゃんの体をつくってくれるミネラルが豊富に含まれています。健康的な大脳や骨をつくることができるでしょう。服用する場合は摂取量を守らなければなりません。

Read More..

早めの治療がポイント

男女

思うように、妊娠できないと悩んでいる方は、大阪の医療期間で不妊治療を受けてみると良いでしょう。親身に話しを聞いてくれる医院なら安心して治療を受けることができるはずです。

Read More..

早期発見が肝心

診断

40代女性の4人に1人は、子宮筋腫を持っていると言われています。子宮の筋肉にできる腫瘍ですが、良性なので悪性腫瘍と違い組織を破壊したり、血液の流れに乗り転移したりすることはありません。命に関係はないので安心しても大丈夫です。しかし、筋腫が大きくなるにつれて月経量が増えたり、レバー状の血液が混ざったりすることがあります。また、腰痛や貧血などを起こすこともあるので、婦人科で治療を受けた方が良いでしょう。

治療は主に薬物療法がメインとなります。薬や漢方薬を処方されるので、毎日それを摂取して筋腫による症状を対処するのです。また体質改善もしていきます。子宮筋腫ができる原因は明確ではありませんが、女性ホルモンが関係していると言われています。そのため、ホルモン治療を行なうこともあります。女性ホルモンの働きを抑制したり、閉経状態にしたりするのです。
このように数々の治療法がありますが、筋腫が大きくなっている場合は切除手術を受けなければいけません。場合によっては筋腫だけでなく、子宮も切除しなければいけないのです。このように大掛かりな治療をする前に、婦人科へ行くようにしましょう。

まずは、自分が子宮筋腫ではないかチェックを行なうことが重要です。月経時にレバー状の塊が出ないか、月経が10日以上続く、便秘が続いているなど様々なチェックポイントがあります。もしも当てはまる項目がある場合は、できるだけ早急に婦人科で診察を受けた方が良いでしょう。